栗田唯先生のジェスチャードローイングクラス・ストーリー編では、
表情を10~25個描き分けるという課題がある。
25_essential_expressions_by_napalmnacey-(1)
それだけ数があると当然被ってくるお題も出てくる。
中でも「怒」の感情を表す項目は
①怒り
②激怒
③狂暴

の3つあり、描き分けにとても困った。
以下がウンウン言いながら提出した課題。

怒り
表情男2_012
表情_016

激怒
表情男2_023
表情_015

狂暴
表情男2_003
表情_013

少なくとも同じ怒り方をしているようには見えないと思う。
ではどう描き分けたか?を3つのポイントにまとめてみた。

・感情のボルテージ順に並べてみる
怒りが一番小さく、凶暴が一番大きく、激怒が中間かな?など
・その感情について考えてみる
怒り…まだ理性が働いている状態
激怒…我を忘れて理性が働かない状態
狂暴…動物的で暴力的
・実際に自分で演技してみる
「怒りでやって激怒のときにはやらない事は何か、
激怒でやって狂暴でやらない事は何か?を自分で観察する」by唯先生
怒り…声は荒げないけど、怒気を含んだ硬い声にはなるだろうな。
激怒…激しい手ぶりがつくぞ。声の強さは怒鳴る寸前だ。
   表情は明らかに怒りを示している。
狂暴…怒鳴ってしまうだろうな。もしかしたら手が出るかもしれない。

とにかく比較することがポイントだと感じた。

そして、描いてみて分かった注意ポイント3つ
・激怒なのに怒りより感情が小さく見えたり、その逆もNG。
・並べた時に似たようなジェスチャー・表情になってないか?
・感情をデフォルメしすぎて不自然になってないか?
 さとう珠緒のプンプン!みたいな(通じるのかな…)

ちょっとでも参考になったら嬉しいです。