ちょうど一年前(2018年5月)に
初めて栗田唯先生のジェスチャードローイングクラスを受けた。
第一回目のクラスで【カーブと直線】を教わったのだが、
なんとこれ、ジェスチャードローイングが
めちゃくちゃ簡単かつ劇的に見栄えが変わるので超おススメ。

aaa

・弛緩している部分は【カーブ】
・筋肉がのびている部分は【直線】
・弛緩しているカーブは【柔らかく線を引く】
・力が入っている直線は【強めに線を引く】

【カーブ】【直線】の二種類の線を使い分ける事で、
ドローイングの中にメリハリが生まれるのだ。

ここであえてその知識を得る前に描いたドローイングを見て頂こう…
w1
なんだかぐにぐにしている。
全体的に同じリズムでメリハリにも欠ける。

そして翌週に【カーブ】【直線】を意識して提出したもの。
w2

我ながら前の週よりメリハリが生まれたと思う!
何より見やすくなっている気がする。


以下に個人的に抑えているポイントを挙げてみた。

【くの字になるポイント】
・曲げたひじ
・曲げたひざこぞう
※人体解剖学的には厳密に言うと丸みを帯びたくの字になる。
 が、ここを思い切ってカクっとさせてあげる事で
 全体を引き締めるポイントができる。

【100%直線になるポイント】
・すね
【100%曲線になるポイント】
・ふくらはぎ
【カーブが多い時にくの字にしてバランスを取るポイント】
・つまさき
・かかと

えーっ知らなかったよー!という方は、
ここを抑えるだけでもいつものジェスチャードローイングに
メリハリが生まれるとおもう、たぶん、きっと…
是非お試しあれ!