今日から5回目の受講となる唯さんクラスが始まった。

唯さんクラスとは(正式にはジェスチャードローイングクラスなのだが…)
CGアニメーションに特化したオンラインクラスを
提供しているアニメーションエイドの講座の一つである。
公式リンク:アニメーションエイド

このクラスは
・ジェスチャードローイングをじっくり学ぶ入門編
・ストーリーを伝える事にフォーカスしたストーリー編
の二つにわかれている。

私は入門編が2回、ストーリー編は今回で3回目の受講となる。
初めてこのクラスの門をたたいたのは丁度一年前の春クラス。
なぜこんなに何度もリピートしているのかというと、
人生が変わるほど楽しかったからである。
似顔絵
①好きだったはずの絵を描くのがもうずっと楽しくない
②人体デッサンを練習しているのに硬い絵しか描けない
③学校や会社でマイナスのフィードバックばかり受けていて辛い
④頭打ちが来て突破口が見えない
⑤絵を描く仲間がいない

私はこんな悩みをずっと抱えていた。
なんで好きだったはずの絵が楽しくないんだろう?
なんでこんなに練習してるのに活き活きした絵がかけないんだろう?
なんでこんなに自信がないんだろう?

そんな中、たまたまRTで流れてきた
唯先生のイラストや受講生へのフィードバックをみて
「これだー!!!!私が欲しいのはこの活き活きした感じだーーー!!!」と
即クラスに申し込んだのである。
その直感は見事に当たって、

①絵を描くのが楽しくなった
②躍動感があるポーズが描けるようになった
③自己効力感が上がって
自信がついた
④技術が向上しているという実感が持てた
⑤真摯に絵と向き合う仲間と出会えた


といった変化が起こった。
もう何年も何年も絵を描く事が楽しいなんて感覚がなかったのに
急にお絵描き楽しいヒャッハー!!なんて言い出すから、
友人から「何かやばい宗教にでも入ったのかと思った」と言われたレベル。

また、私はけっこうなフィードバック恐怖症。
それこそ緊張でお腹が痛くなったり、
マイナスのフィードバックが来るんじゃないかという不安に耐えるために
マイナスのフィードバックを受ける妄想をして衝撃を緩和するのが癖になっていた。
けっこうなチキンなので初めてのフィードバックは超ビクビクしていたのだが…
あまりに褒めてくれるので最初は何が起こってるのかよく分からなかった。

それだけ自信が無かった私に変化が起こったのは、

・受講生のいい所を見つけて、心からいい!と言ってくれる
・受講生にとってその時一番大事な事をたった一つに絞って伝えてくれる
・本質的で抽象度が高いので全員に刺さるし、今分からなくても後から気づきが得られる

・個人をちゃんと見てくれる

という唯先生の教え方が大きかった。
初心者にはひとつひとつ丁寧に、
中級者には殻をやぶるための気付きを、
上級者には絵を描く楽しさを思い出させてくれる。
そうやって種まきをして、芽をだした瞬間に気付いてくれる。
そんな教え方をされたら
「私はできるんだ!やれるんだ!」と自己効力感が上がらざるをえない。
ちゃんと積みあがっているという実感が得られるから絵を描くのが楽しくなるし、
楽んで描いた絵を見せたくなるからもっと描くし、描くからまた積みあがって上達する。

でも唯先生のクラスを受けていたってずっと絶好調!なんて時ばかりじゃない。
絵を描きたくない時は普通にくる。
あまりに絵がしんどくて課題を中途半端な状態で出した時が一度だけあった。
その時は「描かなくていい、悩んでる今を楽しんで」というフィードバックをもらった。

唯さんクラスはテクニックだけでなく、
絵を長く楽しんでいくための気の持ち方も教えてくれるクラスである。
(いや、あなたが楽しいなら絵なんて描かなくていいとすら言い出しそうな気もする…)