B6B78002-B962-45FA-9FFB-B69BE304005E
去年の10月から通っていた、
ファッションと数学をテーマにしたゼミが終わった。
なぜその組み合わせ!?と思われるかもしれないが、
講師とつとめるエマ理永先生は数学の理論を取り入れて
ウェディングドレスを作っているファッションデザイナーさんなのである。
参考リンク:エマリーエ公式インスタグラム
↑造形美とデザインがまじでヤバい

ゼミの内容は
エマ先生の服作りやクリエイト論の講義&ワークショップ
(布でバラを作ったり、型紙を切って紙の服を作ったり)と、
その時のテーマに合わせた数学の講義を月イチで半年間。
算数止まりの私が行って大丈夫なのだろうかと心配だったけど、
数学の講義をしてくれる先生の数学愛が本当にすごいしピュアだし面白いし、
数学ってものすごく魅力的な世界なのかも?と初めて感じた。

月に一度、今まで知らなかった世界に触れられて
とても好奇心が刺激される時間だった。
抽象の定義について先生やクラスメイトとディスカッションしたり、
伝わる絵って何で伝わるんだろう?という話をしたら
量子力学の話をしてくれたり、最高に面白かったなー。

普通に生活してたら
絶対に知り合わなかったクラスメイトとの出会いも予想外の収穫。
だって、平日の夜、仕事や学校が終わった後で
お金を払ってこのマニアックな講義に来る時点で気が合わない訳はない…!

終わっちゃうなんて寂しいなぁ~といいつつ、
実はこのクラスの生徒は夏の数学イベントの発表会が控えているので
まだまだ準備で会うのだが。